家を売ると税金が発生する?

飛んでいく税金家を売ると、住宅と引き換えに少なからずお金が入ってくることになります。
購入した時よりも高い価格で家を売ることができた場合には利益が出ますし、低い価格での売却だと損失が発生することになるわけですが、前者のようなケースでは利益の金額に応じて税金が発生しますので注意しておきたいですね。
一方で後者のようなケースでは、基本的に税金を支払う必要がありませんのでご安心ください。
税金や数字になると難しく考えてしまいがちですが、そこまで難しい話ではなく、物件の購入価格と売却価格さえ抑えていれば誰でもすぐに理解できてしまう話ですので少し考えてみることをおすすめします。

物件の価値は、歳月をかけて少しずつ減っていくことになります。新築住宅よりも中古住宅の方が安い理由は、それだけ建物の老朽化が進んでいるからであり、基本的に価値が新築時よりも増すことはありません。
しかしながら、土地の価格は一定ではなく、その地域が発展することによって地価が高騰するというケースもあり、一概に全てのケースにおいて価値が下がる、つまり売却時に損失が出るわけではないのも事実です。そういった稀なケースにおいては出た利益によって所得税が発生することもあるということだけは覚えておいた方が良いでしょう。

それでは、利益が出た場合にはどの程度の所得税が発生するのか、また損失が出た場合にはどのようなことをすると税金の優遇措置を受けられるのかについて見ていきましょう。